PMS(月経前緊張症)


生理前になると様々な症状に悩んでいませんか?

生理前に見られる症状のことをPMS(月経前症候群)と呼びます。

 

 

当てはまる症状はありませんか??

 

 

 

 

●下腹部の痛みがある

 

●胸が張ったり・痛みがある

 

●ニキビなどの肌トラブルがおこる

 

●むくみやすい

 

●頭痛がある

 

●めまいがする

 

●イライラなどの情緒不安定になる

 

●過食傾向になる

 

●常に眠気がする

 

●睡眠障害がある

 

●注意力の低下がする

 

 

 

 

 

 

 

症状は生理前の3日から10日位に現れることが多いです

個人差がありますが

排卵後から2週間続く方もいれば

生理前の2,3日だけという方もいます

 

 

 

多くの場合

生理が始まると症状が軽快していくことが特徴で

多くの女性が何らかの症状を感じているとも言われています

 

 

 

 

 

PMSの原因については

ホルモンの分泌異常

神経症状については脳内のホルモンや神経伝達物質の異常

とも言われていますが

はっきりとした原因がまだ分かっていません

 

 

 

 

 

PMSは生理前の症状だけだから。。と

我慢をされていませんか??

 

 

 

多くの症状は

鍼灸で改善することも多いです

 

 

 

ホルモンの分泌異常が続くと不妊症の原因になったり

更年期の症状も、早ければ30代前半から現れる方もいます

 

 

 

我慢ができる症状でも

将来の自分の身体のために身体を整える

とても大切なことですね

 

 

 

女性の身体はとても繊細です

身体のSOSを見逃さずに

早めのメンテナンスを心がけてください!

 

 

 

 

月経前に起こる症状を東洋医学的に分類

“五臓”“気・血・水”と整えていくことで

PMSの症状を緩和させていきます