更年期障害


<更年期障害について>

身体のだるさ、倦怠感、やる気が出ない

頭痛、ホットフラッシュ、多汗

などの症状があります

 

 

症状の程度も様々です

 

 

気にならない程度のもの

我慢して過ごしている程度のもの

日によっても変わる場合もあります

 


西洋医学における更年期障害の考え方


<更年期障害とは>
更年期に様々な自律神経の失調とされる

身体的症状、精神的症状が

現われてきます

 

 

更年期とは

閉経を挟んだ前後10年間ぐらいの時期です

 

 

年齢的には

40歳過ぎから50歳代半ば辺り

の時期になります

 

 

閉経に近づいてくると卵巣の働きが低下して

女性ホルモンの1つであるエストロゲンの量

が急に減少してしまいます

 

 

それに伴って

身体に出てくる様々な症状を総称して

更年期障害といいます
 


更年期障害に関与しているエストロゲンは

卵巣で作られ

子宮の発達や子宮内膜の増殖などに

関わりのある女性ホルモンです

 

 

更年期までは

自律神経を司っている脳の視床下部から

卵巣にエストロゲンを分泌する指令が行き

指令された分だけ

卵巣からエストロゲンを分泌して

ホルモンバランスが安定しています

 

 

更年期に入ってくると

脳の視床下部から卵巣に

20~30代の頃と同じ分だけ

エストロゲンの分泌する指令が行くのですが

卵巣機能が低下してきているので

指令の分だけ

エストロゲンが分泌できなくなります

 

 

エストロゲンが分泌ができないと

視床下部は

よりエストロゲンを分泌する指令を

卵巣に出そうとするので

脳と卵巣のホルモンバランスが

崩れてしまいます

 

 

そのため

様々な症状を呈するようになってしまします

 

 

 

<更年期障害の症状>
更年期に何らかの症状を訴える方は

約9割だとも言われています

 

 

症状の現われ方は

ほとんど自覚がない方いれば

日常生活に支障をきたすぐらいの症状が出る方もおり

個人差があります

 

 

特定の1つだけの症状を訴えるだけではなく

2つ以上または複数箇所の症状を

訴えるケースがほとんどです
 


最近では

20~30代の方でも

「プレ更年期」や「プチ更年期」

と呼ばれるように

早期から現われる方もいらっしゃいます

 


 【更年期障害の主な症状】
血管運動系:ほてり、のぼせ、発汗

      冷え、動悸、息切れ、むくみ

 

精神神経系:頭痛、めまい、不眠、不安感

      いらいら、憂鬱、うつ

      耳鳴り、立ちくらみ

 

運動系:腰痛、肩こり、関節・筋肉の痛み

    疲れやすい

 

泌尿器系:頻尿、残尿感、排尿痛

     血尿、尿失禁

 

生殖器系:月経異常、生理痛、性交痛

     性欲低下

 

知覚系:しびれ、知覚鈍麻、知覚過敏

    蟻走感、視力低下

 

皮膚系:皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、しみ

    たるみ、くすみ

 

 

 


東洋医学における更年期障害の考え方


人の成長や老化は

東洋医学で言う「腎」の働きに

大きな関わりを持っています

 

 

更年期障害もその「腎」の働きによって

大きく左右されます

 


女性の成長・老化と「腎」との関係は

7の倍数で説明されています
 


  7歳:腎の働きが活発になり

     歯が生え替わり始め

     髪の毛も長くなる

 

  14歳:腎の精気が充満し任脈が

      スムーズに流れるようになる

      太衝脈が旺盛になることで

      月経が始まるので

      子供が産めるようになる

 

  21歳:腎気が充実し

      親知らずが生え

      体格は頂点に達する

 

  28歳:筋骨がされに充実して

      毛髪は最も長く豊かになり

      体も盛壮になる

 

  35歳:陽明系(大腸経、胃経)

      の機能が衰え始める事で

      髪が抜け始め顔色も衰え始める

 

  42歳:三陽の脈が衰えるので

      顔も衰え髪も白髪になる

 

  49歳:任脈が虚して太衝脈も衰え

      腎の精気が尽きるので

      子供が作れなくなる

 


「腎」の働きは

エストロゲン(女性ホルモン)が

35歳を超えてから

分泌が減少してくる時期と一致して衰え始め

腎虚という状態になります

 

 

そこにエストロゲンが減少していく

生理的な変化に対応できない

臓腑機能の失調をきたし

様々な更年期障害が生じてしまいます

 

 

 

腎陰虚
東洋医学として「腎」の機能の1つに

精や津液を下焦に蔵しています

 

 

「精」 生命の源で気を含むエネルギー

 

 

「津液」身体を動かす燃料や形を作る原材料

    活動時に消費する

    ガソリンのようなもの

 

 

腎気は身体の陽気や津液を引き締め

下焦に留めます

 

 

腎が虚してくると

津液を留めることができなくなり

津液の虚、陰虚になります

 

 

腎は心と大きな関わりがあり

車で例えると

心はエンジン

腎はラジエーターの機能になります

 

 

エンジンは熱し過ぎないように

ラジエーターの水で冷却されています

 

 

ラジエーター(腎)の冷却機能が低下すると

エンジン(心)を冷やすことができなくなり

エンジンはオーバーヒートになります

 

 

エンジンがオーバーヒートになると

心に熱を持つようになり

のぼせ、動悸、顔面部の発汗

口渇、ほてり

を感じるようになります

 

 

 

腎陽虚
「腎」は身体の水(津液)に関することを

扱っています

 

 

腎の水にも一定の温かさが必要になります

 

 

腎の陽的な働きをしているのが

 「命門」「相火」

などと言われる下焦の陽気が

腎の水及び下焦を温めています

 

 

そうなると身体は

「上熱下寒」の状態になります

 

 

「上熱下寒」は

昔のガスでお風呂を沸かしていた時のように

上のお湯は熱いが

下は水の冷たいままの状態になり

お風呂をかきまぜないと心地良くならない

 

 

その状態が身体にもおこってしまうので

特に下半身が冷えるようになります

 

 

腰痛、下痢、足の冷え、食欲不振

胃腸の冷え

などの症状も現れます

 

 

 

瘀血体質
本来は身体の中を

サラサラと澱みなく流れているのが血です

 

 

子宮は「血室」

と言われるように

非常に血が富んだ場所であると同時に

滞りやすい場所でもあります

 

 

滞ってしまった血を瘀血と言います

 

 

生理痛や生理不順

慢性的な冷え性

不妊症

などの方は瘀血体質の方が多いです
 


更年期障害から

自律神経のバランスを崩してしまうことで

良い睡眠が取れなくなっているケースは

とても多いです